ZANEARTS(ゼインアーツ)GIGI1(ギギ1)【完全ガイド】購入方法から使い方まで


コンテンツ

ZANEARTS(ゼインアーツ)GIGI(ギギ)1の購入方法


ZANEARTS(ゼインアーツ)のテント、GIGI(ギギ)1のテントについて紹介をしました。
この時点で欲しい〜と思っていただいている方もいらっしゃるかと思います。

ただ2022年5月現在、かなり人気のテントなのです。


どこで手に入れればいいのか…



私も「これが欲しい!」と思ってから、様々入手方法を調べました。
実際に手に入れた方法含めどうやって購入すればいいか、紹介します。


アウトドアショップでオンライン予約合戦

一番に思いつくのはこの方法かと思います。
アウトドアショップのInstagramなどをフォローしていたり、メルマガに登録していると

「ZANEARTS GIGI1、●月●日●時から販売するよ〜」

と言った通知が入ります。

その時間に、ネットの前で待機して、一瞬で購入するという方法です。
私もチャレンジしました。





かなり倍率が高く、購入できたらラッキー!という感じみたいです。
私も見事撃沈しました。


アウトドアショップや展示会で直接購入


一部アウトドアショップで入荷があります。
ネットの時のように、販売日を知らせてくれる場合は朝イチで行っても間に合いません。

開店数時間前から張込みでゲットしたという方もいらっしゃるようです。

あとは混雑を避けるため「告知なし」でいきなり店頭に並ぶパターン。
こればかりは予測がつかないので、販売店舗をこまめにのぞいてみるのがいいでしょう。


ZANEARTS GIGI1を取り扱っていたことがあったらしい(噂)アウトドアショップ実店舗
  • Orange 古河店
  • Purveyors
  • STANDARD point
  • THE GATE by SUNDAY MOUNTAIN
  • Orange本店

上記はあくまで噂なので、ご自身のお近くの実店舗に電話で確認してみるのが一番良さそうです。




amazonで購入できる

私が入手した方法は実はこれ。
なんと盲点、amazonで購入できたのです。

秀岳荘さんがamazonショップで販売しているところを運良く発見。
一瞬で購入できました。

まさに運が良かったとしか言いようがない。


検索しても出てこないと思いますので下記にリンクを貼っておきます。
こまめにチェックしまくっていたら販売の瞬間に買えるかもしれません!




メルカリにもあるかも

最終手段です。(オススメしません)

前述の通り、ZANEARTS GIGI1の定価は¥43,780(税込)です。
メルカリで探すと出てくるかもしれませんが、かなり高騰が予想されます

ご自身の判断で検討ください。




ZANEARTS(ゼインアーツ)GIGI(ギギ)1の良かった点

ZANEARTS GIGI1 について紹介してきました。
ここからは実際に使ってみて、良かった点、悪かった点を正直に記載していこうと思います。


色々なスタイルを楽しめる

前述の通り、たくさんのスタイルに対応しています。
跳ね上げや巻き上げなど、その日の気分に応じて形を変えられるのはとても良い点だと思います!

形を変えると、そのキャンプ場で一つしかない珍しいテントとなり、近くを通る人がまじまじと見てきます(ちょっと気持ちいい)


付属品がしっかりしている

他のテントに比べて初期で付いている付属品がとてもしっかりしています。
ペグもアルミのL字ペグ(通称ショボペグ)じゃないですし、ロープも脆くない。

これさえ買えばある程度困らずキャンプができるのではないでしょうか。


ベンチレーターが多い


テント上部や、足元など、ベンチレーターが多いです。
両サイドを巻き上げられることからもわかるように、このテント、かなり風通しのことを考えられています。

夜寝苦しくなったら、さっと開けられる位置にもありますし、空気がたまりやすい上部に設置されているのもありがたい。



痒いところに手が届きます。


コット二つも余裕で入る


私たちはGIGI1をデュオキャンプで使っています。
コット2つを入れても写真のように超余裕。

荷物を置いて、椅子やテーブルをおいても余裕です。
寝るときは中に入れてジッパーを閉めれば防犯もバッチリ。

2ルームテント並みの広さです。


跳ねあげればタープもいらない広さ

跳ね上げた時の広さも魅力の一つです。
タープがいらないほどの広さなので、まさかの軽量化に成功。

跳ね上げ方一つで全室の広さを自由に変えられます。



ZANEARTS(ゼインアーツ)GIGI(ギギ)1の良くなかった点


実際にGIGI1を使ってみて、とても魅力的で気に入っているのですが、正直ここが惜しい!というところもあります。
正直にお伝えしたいと思います。


ペグ打ち箇所が多い


付属のペグが18本あることからもわかる通り、ペグを打つ箇所が多いのが少し大変。
特に私たちが今まで使っていたドーム型テントは、4〜6本で良かったものですからそこからのギャップは感じました。

今は14本打ってますからね。


デュオキャンプの方は、安物でもいいので、ペグハンマーが2本あると設営がぐっと楽になります。






スカートがない

GIGI1はスカートがついていません。
スカートとは名の通り、テントと地面の間を埋めるヒラヒラした箇所のこと。

スカートがついていると冬の隙間風を遮ってくれたり、雨が降った時に浸水を防いでくれるなどの役割があります。


そのスカートがついていないので、やはり冬は少し底冷えもします。
スカートはクリップと、ブルーシートで簡単に作ることもできるので、
「見た目より機能性じゃ!」
という方は雨の日だけでもつけるのはいいかもしれません。


底冷えがひどくて寝られない!浸水が怖い!という方は前述のカンガルースタイルか、もしくはグランドシート+コットで解決できます。



私たちはDODのバッグインベッド を使ってます。
名の通りとても小さいのに、反発力もあり、これを買ってから快眠です!





ZANEARTS(ゼインアーツ)GIGI(ギギ)1の皆の口コミ(レビュー)


今回は、私の意見をたくさん紹介してきましたが、私以外の方がこのテントについてどう思っているのか、口コミを集めてきました。






ZANEARTS(ゼインアーツ)のGIGI(ギギ)1でサイトをオシャレに!


今回はZANEARTS(ゼインアーツ)の人気のテント、GIGI(ギギ)1を紹介しました。
なかなか入手するのが難しいテントで、初めての方は設営に手こずるかもしれませんが、慣れてしまえばワンポールテントなのでとても楽にできます。

オシャレなテントでもあるので、ぜひ手にいれてキャンプを楽しんでください!




\在庫をチェック!/





Follow me!

ZANEARTS(ゼインアーツ)GIGI1(ギギ1)【完全ガイド】購入方法から使い方まで” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。