【徹底レビュー】DODコット「バッグインベッド」組み立てのコツ図解付き

2人キャンプ キャンプギア

【徹底レビュー】DODコット「バッグインベッド」組み立てのコツ図解付き

投稿日:


オスオス!やまさん(@yama3_local)です。

今回はDOD(ドッペルギャンガー)の人気コット「バッグインベッド」について紹介します。

こんな方にオススメの記事です。

・デュオキャンプでおすすめのコットは?
・組み立てが簡単で軽いコットがいい
・DODのバッグインベッド組み立てのコツが知りたい
・DODのバッグインベッドの口コミを見たい



こんな悩みをお持ちの方はぜひ読み進めて見てください。



twitter @yama3_local


私はキャンプを初めて1年間、コットを持っていませんでした。

しかし、冬キャンプを何度か経験していて、思ったのです。

寝るとき寒い、身体痛い

薪ストーブなどは持っていなかったので、冬キャンプの夜は底冷えします。

そこでTwitterの皆さんに聞いたおすすめコット「DOD バッグインベッド」を購入してみました。



今回の記事では、

  DODバッグインベッドのスペック
  DODバッグインベッドを選んだ決め手
  組み立て方のコツ
  皆さんの口コミ

を紹介していきたいと思います。



記事の後半では購入の決め手や、私の意見だけではなく、他のキャンパーさんの意見も紹介して行きたいと思いますので、ぜひ読み進めてみてください!



DOD バッグインベッドの概要

正式名称DOD バッグインベッド
ブランドDOD (旧ドッペルギャンガー)
値段(amazon)¥9,600(2021年3月13日現在) 💮安い!
カラー展開ブラック、ベージュ、タン
サイズ(展開時)(約)W1830×D720×H155mm
サイズ(収納時)(約)W510×D130×H160mm 💮小さい!
耐荷重120kg
本体生地材質600Dポリエステル
フレーム材質アルミニウム
重量約2.6kg 💮軽い!



含まれるもの
・本体生地 ×1
・コットポール ×2
・支柱 ×4
・専用キャンリーバッグ ×1
・取扱説明書





ポイントとしては、他のコットと比べて収納サイズが圧倒的に小さくて軽いこと。

バッグインベッドというだけあって、バッグパックの中に入るサイズのコットはなかなかありません。

カラーデザインが豊富なのも嬉しいですね。




DOD バッグインベッドを実際に使ってみた


DOD バッグインベッドを購入したので、開封の瞬間から組み立て、バラし方、耐久性などを正直にレビューしていきます。


DOD バッグインベッドを開封


amazonで2人分購入しました。
prime会員なのですぐ届いて最高。

段ボールを開けるとうさぎちゃんがお出迎えしてくれました。

設営は外で行いたいと思います。



コンパクトに収納しなくてはいけないので、どういう風に入っていたか覚えておきましょう。
支柱は2本ずつ、交差して入っています。


設営方法は簡単なので、いらないかもしれませんが、説明書も入っています。
わからなくなったら読んで下さい。




支柱にこっそりと入っているDODのロゴマーク。
キュンポイントです。



ポール2本と、支柱4本はショックコードですので、バラバラになったり、無くなったりすることがありません。

これは設営を簡単にするナイスなポイント




それでは早速組み立てていきます。



DOD バッグインベッド 組み立て方のコツ

コットって組み立てるのが大変なイメージ…



組み立てるのに、少し力が要るのは確かです。

ただ、女性でも組み立てられると、公式HPでも記載の通り、慣れれば女性でもすぐに組み立てられます。

コツを図と写真を用いて解説して行きます。





①ポールを組み立てて、本体生地の両端に刺す



ポールは前述の通り、ショックコードで3節になっているので、さっと組み立てましょう。




まずは本体生地を広げて、両端の穴から、ポールを通していきます。



片方からしかポールは入らなくなっているので、反対側に抜けてしまうことはありません。

途中にある穴(?)に引っかかりやすいですが、最初の一回だけ。
2回目からはスッと入ります。

途中にある穴に引っかかってる様子



しっかりと奥まで通さないと、左右対称にならずに、グラグラしてしまいます。

グッと奥まで入れましょう。


②支柱(脚)を4つ組み立てて、はめ込む


次に脚となる支柱を組み立てます。

こちらもショックコードになっているので、一瞬です。


これを4つ作ります。

そしてさっき引っかかりやすかった穴のところにはめます。



写真のように、立てるとやりやすいですよ。


まずは内側の2本から取り付けると、安定します





先に下の方をカチッとはめて、足で踏みます。


そして、上の方は、体重を乗せる感じで、グッと支柱を押して、はめます。


ここで上手くはまらない方は、下の写真のように、
本体を持ち上げつつ、支柱を沈みこませるイメージで行うのがコツ!



内側2本を差し込めたら、外側2本を差し込んで、完成です。



最初は少し大変ですが、慣れればすぐに組み立てられます。



DOD バッグインベッド 取り外し方


組み立て方は簡単ですね。
主に2ステップです。

片付け方(バラし方)も同じです。

先ほどのコツとは逆にすれば支柱を取り外せます。



彼女は、組み立てよりも、片付け、取り外しのコツの方が難しかったそうです。



前述の通り、収納バックに入れるときは支柱2本ずつを交差させるようにしましましょう!





DOD バッグインベッドの沈み込み


コットで気になるのが、沈み込み。

私デブだから心配、という方もいるのでは?(失礼)(私です)



152cm、体重非公開😣の女性が寝るとこんな感じです。


膝立ちでもこんな感じ。



余裕がありますね。



続いて身長175cm、体重68kgの男性が寝るとこんな感じ。



余裕そうです。


耐荷重120kgなので、普通に寝る分には問題ありませんが、
コットの上で、荷物の整理をしていたら、本体生地の裏が破れてしまった!という方や、子供がトランポリンしてたら壊れた!という声もありましたので、正しい使い方をしましょう。



DOD バッグインベッドの購入の決め手


私がコット探しをしていて、皆さんに様々なものを紹介いただいたのですが、最終的にDOD バッグインベッドを選んだ「決め手」になったポイント、良かった点を紹介します。


コンパクトで軽くてコスパ良し


DOD バッグインベッドの最も推せるポイントはこちらです。

他のコットと比べても、収納サイズがここまで小さくなるコットは少ないですし、それが1万円前後で買えるものはもっと少ないです。




デュオキャンプ(2人キャンプ)をしているので、ギアは基本的に2つずつ。

乗っている車も軽自動車なので、ギアの価格、大きさや重さには少し敏感です。
写真のように、カインズホームで購入したコンテナに2つともフィットするのです。





今まで寝具系に結構スペースを使ってました。

 ・でか銀マット ×1つ

 ・テントの中に敷くラグ ×1つ

 ・大きい2人用シュラフ(下に敷いてた) ×1つ

 ・シュラフ ×2つ


これだけのものを持って行っていたのが、
コット2つと、シュラフ2つで良くなりました


これは大きいです。


ちょうどいいサイズ感


個人的な意見ですが、DOD バッグインベッドはコットとしてサイズ感が良い。

ワイドコットや、高身長でも寝られるコットもありますが、W1830×D720という大きさはジャストサイズでした。

身長が180cm未満の方なら、縦もOK。
横も寝返りを打てる。

あと、私たちが使っている、Geertop4人用テントに、ちょうどぴったり2つはいるのです。



縦にしても横にしても入る。
寝るときにコンテナや、リュックを入れても余裕のスペース。



計算した甲斐があった。

デュオキャンプでコットを検討している方は、自身のテントサイズを見ておいてください。







快適な睡眠をゲット


冬キャンプは底冷えします。

大雨などが降って、テントのスカートの下から浸水してしまったら、寒すぎて寝られません。
銀マットなどを敷いても、やはり寒い。


コットがあれば、地面から離れている分、底冷えはしません
しかも、沈み込むので、硬い地面に寝ている感触は全くなし。
身体は痛くなりません



キャンプで睡眠の質を上げたい方はコットがオススメです。



見た目が可愛い


DOD製品に言えることですが、見た目が可愛い。

3色展開の中で、私は「タンカラー」を買いました。
ベージュとの見分けがつきにくいですが、サイトの雰囲気にもあってお気に入り。



収納バッグもシンプルで可愛いですよね。

肩からかけたりもできます。





続いて、DOD バッグインベッドの良くなかった点、皆さんの口コミまとめなどです。

> 続きを読む 

サイドバー広告




サイドバー広告




-2人キャンプ, キャンプギア

Copyright© ソト暮らし開発研究所 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.