デュオキャンプでの2人用クーラボックスの選び方!サイズ感や素材【おすすめ5選】

2人キャンプ キャンプギア

デュオキャンプでの2人用クーラボックスの選び方!サイズ感や素材【おすすめ5選】

投稿日:


こんにちは!やまさん(@yama3_local)です。

今回は2人キャンプでのクーラーボックスの選び方について紹介します。

こんな方にオススメの記事です。

・2人用だとどのくらいのサイズを買えば良いの?
・どういった基準でクーラーボックスを選べば良いの?
・おすすめが知りたい
・ソフトサイズとハードタイプどっちが良いのよ
・そもそもクーラーボックスいる?



こんな悩みをお持ちの方はぜひ読み進めて見てください。


twitter @yama3_local



私たちはカップルで1年以上キャンプをしています。

最初はどのくらいの食材買うのかもわからなかったし、30ℓ、50ℓと言われてもどのくらい入るのかもイメージがつきませんでした。

どうやってクーラーボックスを選べば良いか基準もわからずに、いろんなところをハシゴして探してしまいました…。



今回の記事では、

  2人キャンプのクーラーボックスの選ぶポイント
  容量についての解説
  2人用キャンプおすすめのクーラーボックス

を紹介していきたいと思います。



記事の後半ではおすすめクーラーボックス5選も紹介します。
そこまで飛びたい方は↓の目次から飛んでみてください。




クーラーボックスはそもそも必要?



キャンプ用品を買い揃えていくのって楽しいですよね。

テント、タープ、チェア、焚き火台…

優先順位をつけていくと、クーラーボックスは後回しになってしまう方も多いと思います。


しかし結論から言うと、クーラーボックスはキャンプに必要です。

むしろクーラーボックスがキャンプの質を左右するといっても過言ではないです。




 ●夏キャンプ、設営を終えて冷たいビールで乾杯🍻
 ●1泊2日、次の日に焼肉をする
 ●夜、焚き火を見ながらウイスキーのロックを楽しむ




これらを楽しむのにクーラーボックスは必須。

クーラーボックスがないと、これらのことができなくなってしまいます。



これは事件です。




クーラーボックス選びのポイント



クーラーボックスを実際に選ぶ段階になると、様々な気になるポイントが出てきます。
デザインはもちろんですが、サイズ、素材、タイヤの有無など。

詳しく見ていきます。



容量(サイズ)はどのくらいを選べば良い?



クーラーボックスのサイズはたくさんありますが、主に5つに分けて見ました。

60ℓ、50ℓ、40ℓ、30ℓ、15ℓ

私たちは2人でキャンプをしますが、特徴的には、
 ・1泊2日(昼、夜、夜食、朝)
 ・よく食べる(ずっと食べてるw)
 ・2人で缶6本くらい飲む

この感じで、使っているのは26ℓのクーラーボックスです。




大まかに容量(サイズ)と人数別にするとこんな感じです。

60ℓ:グルキャン 大人5〜6人(めっちゃ飲む)
50ℓ:グルキャン 大人4〜5人
40ℓ:ファミキャン 大人2人・子供2人
30ℓ:デュオキャン 大人2人
15ℓ:ソロキャン 大人1人




参考にしてみてください。




ハードタイプとソフトタイプがある


クーラーボックスにはハードタイプとソフトタイプがあります。


ハードタイプはこんな感じ。よく見るタイプです。

YETIのハードクーラーボックス 楽天より



メリットとしてはやはり保冷力安定感上に物がおける積み込みしやすい
デメリットは、重い積み込みで場所を取ること。






Snowpeakのソフトクーラーボックス 楽天より



ソフトクーラーボックスはこんな感じのもの。

メリットは、軽い安い帰るときに潰せる
デメリットは保冷力が弱い積み込みにくい地面に置きにくい




一長一短です。

保冷力や安定感を取るか、軽さや価格を取るか



自分のスタイルにあったものを選びましょう。




デザインで選ぶのもポイント


キャンプギアを選ぶ時に、やっぱり気になるのがデザインですよね。
機能性はあまり良くないとわかっていてもデザインが好みだと買っちゃう、なんてのはキャンパーあるあるだと思っています。

少し無骨なデザインや、可愛らしいデザイン、自作のキャンステを貼ったりしてカスタムしやすいものなど、デザイン基準に選ぶというのもアリだと思います。





やはり自分が持っていてテンションが上がるものがいいですよね。




ハンドルやタイヤ、ショルダーなど好みを考慮



クーラーボックスには、ハンドルが伸びて、タイヤが付いているものもあります。

タイヤがついているクーラーボックスを選べば、駐車場とキャンプサイトが遠くても転がしていけるので楽ですよね。
タイヤがついていたりハンドルが伸びるものは基本的に「ハードタイプ」のクーラーボックスです。



逆にソフトタイプのクーラーボックスには、ショルダーがついていて、運びやすくなっているものもあります。

蓋に穴があってコップが置けるようになっているものなど、ギミックもあるので、ぜひ検討要素に入れてみてください。






2人キャンプのクーラーボックス選びのポイントをまとめました。

💡2人用クーラーボックス選びのポイント💡
✅サイズは30ℓあれば十分
✅ハードタイプかソフトタイプか
✅デザインで選ぶのもアリ
✅タイヤやハンドルの有無





2人用キャンプのクーラーボックスおすすめ5選


ここからは、2人用のキャンプクーラーボックスのおすすめを紹介します。
ソフトタイプもハードタイプも幅広く紹介していきます。

実際に私たちが使ってみたものや周りの評価が良いものだけを紹介するので、
検討している方はぜひ参考にしてください!



①コールマン(Coleman) アルティメイトアイスクーラーⅡ 25ℓ


colemanのソフトクーラーボックスです。
サイズは、約幅42×奥行32×高さ33cm、25ℓサイズです。

収納時には、約幅42×奥行16×高さ33cmと小さくなるので、ソフトクーラーボックスのいいところを十分に感じられます。

重量も、約1.3kgと、ハードタイプと比べてとても軽いですね。

チャックを全開にしなくても上の穴からひょいっと物の出し入れができるのも便利ですよね。

カラーもアクアタイプが主流のモデルですが、デザイン性でオリーブを推します!





②コールマン(Coleman) ホイールクーラー 26ℓ



続いて同じくcolemanのクーラーボックス。
今回はハードタイプで、タイヤと伸縮ハンドルが付いているものです。

このタイプのクーラーボックス、蛍光ピンクか、スカイブルーしか見かけないんですが今だけベージュ(サンドカラー)がamazon限定で販売中でした!(レア)



サイズは約49×34×42(縮状態)cmで、26ℓ容量です。

重さはハードタイプなのでソフトと比べて重めの3.3kgです。
それでもハードタイプの中では軽い方です。



私が今2人キャンプで使っているのもこのクーラーボックスです。
カラーは違いますが、保冷力もあっておすすめできますよ!



③ORCA(オルカ)Coolers 25ℓ



アメリカ発の人気アウトドアクーラーといえばORCA(オルカ)。
かっこいい〜!

サイズは、高さ37 × 幅59 × 奥行44cmで、25ℓです。

重量が約11kg、重すぎ!!笑
オートキャンプサイトで車が横付けできたり、車中泊なら気にならないかもしれませんね。


ただそれを持ってしても欲しくなってしまうのがこのデザイン性
アメリカのブランドらしく無骨でかっこいいです。
フタを開けると裏側に大きく「ORCA」。

ずっと開けていたい(意味ない)


カラー展開も豊富で、保冷力も抜群です。





④YETI(イエティ) Roadie 24




22.7ℓと、容量は少し少なめではありますが2人キャンプには最適なハードタイプのクーラーボックス。

サイズは43.4 x 36.3 x 45.7 cm、特徴は2ℓペットボトルが縦に入ること。
ワインなんかも入ります。


あとは何と言っても保冷力がケタ違いに高い
デザインも最高にかっこいい
サイトに置きたくなりますよね。
ハードタイプには珍しくショルダーがついています。

理由は重さ。
5.8kgはそこそこ重いですよね。






⑤Iqloo(イグルー) クーラーボックス 26ℓ Quantum カンタム28ローラー 




グレーに赤の差し色がカッコいいイグルーのハードタイプクーラーボックス。

幅47cm×奥行34cm×高さ42cmで、容量は26ℓです。

重さは約4kg。ちょうどいい感じです。
ポイントはフタに缶やペットボトルを乗せられるくぼみが4つもあるところ。


このサイズ感ならそのまま机にできる感じです。





2人用キャンプにクーラーボックスを持って行って最高のキャンプを楽しもう


今回はクーラーボックス選びのポイントから、おすすめまで紹介させていただきました。

キャンプの楽しみを最大化させるためにもクーラーボックスはやはり必要!
自分たちのキャンプスタイルにあったクーラーボックスを選んで、キャンプをより楽しんでください!







サイドバー広告




サイドバー広告




-2人キャンプ, キャンプギア

Copyright© ソト暮らし開発研究所 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.