Geertop4人用テントを1年使ってみたので徹底レビューしてみる

2人キャンプ キャンプギア

Geertop4人用テントを1年使ってみたので徹底レビューしてみる

投稿日:2021年2月5日 更新日:


こんにちは!やまさん(@yama3_local)です。

今回はamazonや楽天でよく見かける「Geertop」と言うブランドの4人用テントについて紹介します。


こんな方にオススメの記事です。

・最初のテントを何にしようか悩んでる
・Geertopのテントって使い心地どうなの?
・どこで売ってるの?



こんな悩みをお持ちの方はぜひ読み進めて見てください。


twitter @yama3_local



私はキャンプを初めて最初のテントがこのGeertopの4人用テントでした。
調べてもなかなか利用者の声みたいなものは見つけられず、本当にいいのかなと思い悩みながら購入しました。

結論から言うと、コスパもいいし、あまりほかに使ってる人もいないのでキャンプ場でもすぐに自分のサイトの場所がわかりいい感じです。

今回の記事では、

  Geertop4人用テントの概要
  実際に使ってみた感想
  Geertopのテントのいい点、よくない点

を紹介していきたいと思います。

Geertop4人用テント概要


正式名称Geertop TopRoad4 Plus
値段(amazon)¥19,999 今なら¥19,088
サイズ47.5 x 22 x 21 cm
インナーサイズ240 × 210cm
インナーの高さ135cm
フライの高さ140cm
ポール材質アルミニウム
ペグ材質アルミニウム
ロープのサイズ4mm(直径)*2.5m(長さ)
重さ4.57 Kg
カラーイエロー、モスグリーン


含まれるもの
・インナーテント(本体)
・フライシート(外側)
・アルミテントペグ10本(ペグ用バッグ付き)
・ 折りたたみ式アルミポール2本
・反射材入りロープ4本(グリーン)
・キャリーバッグ



amazonなら2万円以下でこれだけのものがついてきます。
ネットでキャンプギアを買うときのあるあるですが、中には微妙なものも含まれていますので後ほど解説します。



Geertopの4人用テントのデメリット


コスパも良く、私は気に入っているのですが、ここは正直に1年使ってみて微妙だった点も紹介します。

付属品がショボい

上記で紹介した付属品のうち作りがチープなものや、微妙なものがありました。

まずはペグ。


青いアルミニウムのペグなのですが、アルミニウムだけあって、地盤の固いところで無理に使うと簡単に折れてしまいます。
反射光の紐がついているので夜間も見やすいのはいいのですが、ちょっとショボいので、風がある日には心許ないのでペグだけでも買い換えるのをお勧めします。

もちろん良くあるL字の針金みたいなペグと比べるとしっかりはしてますが!

鍛造ペグはタープでも使ってます。
テント用のは18cmで問題ありません。


あと、テントを入れるケースやポールも脆いと言う声を聞いたことがありますが、私は1年間ヘビロテしても壊れていません。

正しい使い方でしっかり使えば大丈夫かと思います。


色(カラー)が選べない 【解決!】


私はイエローを気に入っています。
サイトでも目立ちますし、汚れも比較的落ちやすいのですが、「もっとカラーバリエーション豊かな中から選びたい!」と言う方には、現在amazonや楽天ではイエローしか出ていないので、向いていないかもしれません。



追記しました 2021.04.20

イエロー以外にもいい感じのモスグリーンも販売されました!
しかも15,000円!
当時この色があったらこちらを買っていた気もします!








Geertopの4人用テントのメリット


逆に1年間使って見て「このポイントいいな!」と思ったところを紹介します。

スカート付き


スカートとは、フライシートの下のヒラヒラしたところ。
これがついていないテントもたくさんあるのですが、スカートがないと、雨が降ったときに水はけが悪かったり、下に水が侵入してきたりします。

冬は外の冷たい空気が入ってきませんし、夏は風邪通りが良くなっています。

スカートがついていると言うのは比較的安価なテントの割りにとてもありがたいです。


4シーズン使えた


このテントを冬に購入して、春夏秋冬と使ってきましたが、どのシーズンでも問題なく使えます。
雪の中や、豪雨の中も耐え忍んでくれたこのテントには感謝してます。

冬に少し不安という声もありますが問題なく使えました!
不安ならテントよりもシュラフを強化することをお勧めします笑


設営が簡単で初心者向き

初キャンプでもGeertopのテントは2人で10分もかからず設営できました。
慣れてくれば一人でも10分以内で設営できます。

支柱となるポールを2本インナーにクロスして、4つ角を穴に刺し、立ち上げるだけ。
あとはフライシートをかぶせてペグ打ちすれば完成です。



かまぼこテントだったり、snowpeakのドームテントだったりは初心者で一人で立てるのはちょっと手間取るかと思いますが、これなら安心しておすすめできますよ。


中も広い

このテントは3〜4人用となっていますが、広々としています。
2人で使って、中に荷物をぶち込みまくっても広々です。

テントは寝るだけだから、と言いつつも広いとやはり快適な夜を過ごせますよ。
240 × 210cmなのでバスケ選手でもない限り、足はしっかり伸ばせます。


DODのバッグインコットが2人分余裕で入りました。
デュオキャンプに最適ですね!






実際にGeertopのテントを1年間使ってみて


実際にいろいろな環境で、ソロ、デュオ、グルとこのテントを使ってみて感じたことです。

前室はあまり使わない


タープを張っているので、私はあまり前室は使いませんでした。

前室用のポールは付属していないので、タープ用のポールを使いましたが、そんなに広く作れるわけでもないので、多分今後も作りません。笑

この辺はキャンプスタイル次第だと思います。

普段はくるくるっとまとめて上で止めてます。



耐久性は問題なし


いろいろな口コミを見ましたが、私は全く問題なく使えています。
穴が開いたり、破けたりしたことはありませんし、豪雨の中でもしっかり使えました。

ガシガシ外や家で洗ったこともありますが、大丈夫でした。

最初のテントだし、適当に使って壊れたら買い換えようくらいのつもりで買いましたが、寿命は長いと思います。

これも初心者にオススメする理由の一つです。


実際の使用例(口コミなど)


ここからは私だけではなく、ほかの方々がこのテントについてどう思っているか紹介します。





Geertopのコスパ抜群テントで通年キャンプを楽しもう


今回はGeertopの4人用テントについて紹介しました。

付属品も多く、これにグランドシートがあれば盲点とはばっちしといっても過言ではありません。
キャンプをしながら、自分のスタイルを見つけて行く中でエントリーテントとしても、メインテントとしてもおすすめですし、安いのでセカンドテントとして持っておいて損はない型だと思います。

Geertopのテントで4シーズンキャンプを楽しみましょう!


Geertop3〜4人用テントを初めてのテントとして購入してから1年。4シーズン実際に使った上でメリット・デメリットを正直にお話しします。私の1年間使って見た感想はもちろん、ほかの人の口コミもまとめましたので、検討されている方のためになれば幸いです。








サイドバー広告




サイドバー広告




-2人キャンプ, キャンプギア

Copyright© ソト暮らし開発研究所 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.