【徹底レビュー】campingmoon(キャンピングムーン)焚き火用の耐火ローチェア

2人キャンプ キャンプギア

【徹底レビュー】campingmoon(キャンピングムーン)焚き火用の耐火ローチェア

投稿日:2021年4月14日 更新日:


こんばんは!やまさん(@yama3_local)です。

今回は焚き火にうってつけのローチェアがcampingmoon(キャンピングムーン )から出ていたので購入して、紹介します。


こんな方にオススメの記事です。

・焚き火で椅子に穴が空いた
・ローチェアがいいけど肘掛けも欲しい
・組み立てが面倒な椅子はヤダ!
・初期椅子からそろそろ買い換えたいな



こんな悩みをお持ちの方はぜひ読み進めて見てください。


twitter @yama3_local


キャンプを初めて1年半。

色々とギアを揃えてきましたが、そろそろ初期アイテムから卒業したい。

今の装備はドラクエで言うところの、ぬののふく、ひのきのぼう、なべのふたと言う物は揃っているけど初期装備の状態です。

(キャンプはできそうな装備…)

今回は900円のホームセンターの椅子を使っていた私が、焚き火に最適な燃えにくいローチェアを見つけたので紹介します。



今回の記事では、

  campingmoonのローチェアの概要
  実際に使ってみて良かった点、悪かった点
  こんな人にオススメ

を紹介していきたいと思います。



記事の後半では私の意見だけではなく、他のキャンパーさんの意見も紹介して行きたいと思いますので、ぜひ読み進めてみてください!



campingmoon(キャンピングムーン )耐火ローチェアの概要

正式名称ローチェア F-1003C-K
ブランドcampingmoon(キャンピングムーン )
値段(amazon)¥6,530
サイズ(展開時)座面:51.5×51.5cm/座面高:36cm/全高:76.5cm
サイズ(収納時)90×15×15cm
座面素材コットン生地(帆布) ★燃えにくい!
フレーム素材アルミ合金
カラーバリエーションカーキ/グレー/コヨーテ/ブラック
重量3.25kg
対荷重120kg



含まれているもの
・本体(フレームと座面一体型)
・収納ケース
・足の保護カバー×4




焚き火で穴などが開きにくい耐火ローチェア、campingmoon(キャンピングムーン )の商品です。



第一印象として「かっこいい」と思いました。

私はデュオキャンプをするので、カーキを2つ購入。
2つ購入できる価格帯なのもありがたいです。

デュオキャンプは2つものを揃えますから、コスパは大事です。







それでは早速、開封からセッティングをして、使ってみた感想をレビューします。




campingmoon(キャンピングムーン )ローチェアを実際に使ってみた


私が購入したのはカーキ。
買おうと思った時に、amazonの在庫切れだったので、公式サイトから購入いたしました。

(しかし郵送はamazonの倉庫から。あるやないか!笑)



梱包の様子


届きました!「コットン製ローチェア」


しっかりと袋に包まれております。
安心。


収納ケース


キャンプまで開かずに取っておきました笑


収納袋もしっかりとした素材で、雑に突っ込んで破れたりはしなさそうです。
ケースには肩掛けも付いていて、駐車場からサイトが離れていても、問題なく運べそうです。

裏地もついていて、少し濡れていても問題なく収納できます。



おしゃれなワンポイントもついています。

ほんとしっかりしてる。




口は巾着になっています。
締めるのも簡単です。



開封直後の様子


袋から出すとこんな感じ。
90×15×15cmなので、縦には長い印象です。


開くとこうですね。

コットンなので、最初はなんかしわっとしてますが、すぐに戻ります。



campingmoonあるあるなのですが、フィルムが貼ってあります。

なかなか剥がせませんので、お時間ある時に細かいところは剥がすのをオススメします。笑



背面ポケット


背面はこうなっています。



ポケットとリングがついてます。
便利ですね。

この中に収納ケースを詰め込もうとしたら、座ったときの違和感が半端なかったのでオススメしません(そりゃそう)


予備の椅子の足


背面ポケットになんか入ってると思ったら、予備の椅子の足でした。

予備がついてるからって別に脆いわけではありません。
気遣いが嬉しいですね。



ロゴマーク


背もたれの端にロゴマークがワンポイントで入っています。

先ほどの収納ケースにも縫い付けてありましたが、いい感じにしっかりと縫い付けてあります。
このワンポイントお気に入りです。




重さ


重さは3.25kg。
今まで使っていたホームセンターの椅子は袋もテロテロでしょぼかったので軽かったです。


それに比べると重く感じますが、あまりに軽いと飛んで行ってしまうのでオススメしません。
ヘリノックスのローチェアは軽すぎて焚き火にダイブしたと言う話もよく聞きます…


そう言う点では安心感のある重さだと思います。






campingmoon(キャンピングムーン )ローチェアの良かった点


ここからはcampingmoon(キャンピングムーン )ローチェアの良かった点と、気になった点を紹介して行きます。

座り心地が良い


背面の角度がいい感じで座り心地はとてもいいです。
コットンに生地は化繊よりも柔らかいので、包み込まれる感じがあります。

腿のあたりもぶつかる感じがなく良い、肘掛けの婉曲も良い感じです。


やはりホームセンターの椅子とは違うな…。




リラックスチェアなので、リクライニングがきいてて、星が綺麗に見えます。
最高でした。



座面高(地面からの高さ)がベスト


ローチェアとしてちょうど良い座面高です。
地面からの高さが、36cm。

焚き火をする時に腰を屈めなくても大丈夫です。


同じくcampingmoon(キャンピングムーン )から販売している、フィールドラックと、絶妙なマッチ。



フィールドラックは、1つずつ机としても使えるし、地面に置きたくないコンテナなどを乗せるのにも便利です。

写真のように重ねて使うこともできるので、この椅子との相性も抜群です。








焚き火で穴が開かないコットン素材


チェアの布は、頑丈なコットン(帆布)生地。
ポリエステルなどの化学繊維とは違って、焚き火の火の粉が当たっても穴が空きにくいです。

飛んできた火の粉くらいじゃ穴は開きません。

また、前述の通りとても軽いわけではないので、滅多なことがない限り風で飛んで焚き火ダイブ!なんてことはありません。




campingmoon(キャンピングムーン )ローチェアの気になった点


続いて、campingmoon(キャンピングムーン )ローチェアの少し気になった点も正直にお伝えしたいと思います。



保護フィルムが剥がしにくい


肘掛けについている保護フィルムが剥がしにくいです。
最初に適当に剥がしておいて、時間がある時にゆっくり細かいところを剥がすのがオススメです。



ちょっと残ってしまった。取れないので諦めました笑
いつか取りたいです。



ドリンクホルダーがない


お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、

このチェアにはドリンクホルダーがありません


私はあまり気にならなかったので購入しましたが、やはり欲しいと言う方もいるかもしれません。





もし気になる方は、こう言うドリンクホルダーを肘掛けにセットするのもアリですね。



campingmoon(キャンピングムーン )ローチェアの皆の口コミ(レビュー)


今回は、私の意見をたくさん紹介してきましたが、私以外の方がcampingmoon(キャンピングムーン )のローチェアについてどう思っているのか、口コミを集めてきました。



campingmoon(キャンピングムーン )ローチェアで快適に焚き火を楽しもう


今回はcampingmoon(キャンピングムーン )の、焚き火に強い、ちょうど良い座面高のローチェアを紹介しました。

火の粉で燃えてしまうと言う心配がなくなり、腰を屈めることもなくなる、この椅子は本当にオススメです。


焚き火好きのキャンパーの皆さん、ぜひご検討ください!





サイドバー広告




サイドバー広告




-2人キャンプ, キャンプギア

Copyright© ソト暮らし開発研究所 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.